TOP > 川崎賞

日本川崎病学会とは

 

         ◆過去の川崎賞受賞者一覧

 

日本川崎病学会奨励賞「川崎賞」に関する規約

1. 日本川崎病学会の奨励賞として「川崎賞」を設定する。
2. 本賞は、川崎病の研究領域で、本邦でなされた将来の発展を期待し得る研究業績を挙げた満45才以下の本会会員に対して本会総会において授与する。
3. 本賞は、賞状とし、副賞を添える。
4. 受賞者は,本研究会にて受賞講演を行う。
5. 受賞者は下記要領で選考される。

a.

選考において対象となる業績は、選考の前年度に学術誌に掲載された、国内施設所属の本学会会員を筆頭著者とする論文を基本とする。

b.

論文は個人研究または共同研究のいずれでもよい。

c.

受賞候補者の推薦者は、本会運営委員または所属部局長(主任教授、診療部長など)を基本とするが、事情によって自薦でもよい。

d.

受賞者は、選考委員会において選考され、本会総会の席上で本賞を授与される。

e.

選考委員会は、学術委員長が選考委員長をつとめ、前年会頭、次期会頭と学会長、及び選考委員長指名の学術委員1名の計5名で構成される。これらの者が候補者と同一施設の場合は、委員長が異なる施設の運営委員を指名する。学術委員長と同施設の候補者がある場合、選考委員長は指名交代後の5名で互選とする。

f.

選考委員会は書類審査をもとに学会開催前までに審査を終了し、書類で運営委員会に選考結果を報告する。

g.

本学会会員を筆頭著者とする海外施設からの応募については、選考委員会が別途表彰に値するか内容を検討する。
「付則」
1. 本規約は1999年11月19日より施行する。
2. 本規約は一部改正のうえ、2016年11月 1日より施行する。

 

日本川崎病学会奨励賞「川崎賞」候補者応募要領

1. 提出書類
   ⇒応募種類書式ダウンロード(エクセル形式、4シート、Zip圧縮)
a. 当該論文別刷および業績目録

各6部

b. 当該論文の題目および要旨 (1500字以内)

各6部

c. 推薦状(推薦理由を記載すること)

1部

d. 被推薦者の履歴および研究歴

各6部

 

関連論文または他の業績に関して受賞したことが
ある場合には、その旨を研究歴の下に記載すること。

2. 応募書類作製要領
a. 応募書類の送付先
 〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22
 日本赤十字社医療センター小児科医局内
  日本川崎病学会事務局宛(「川崎賞」応募書類)
b. 応募書類はA4用紙に記載する。
c. 締め切り日厳守(毎年7月15日提出締め切り)。
d. 応募書類は特別の事情がない限り返却しない。
e. 郵送は「書留」または紛失の恐れのないもので送ること。